安くお得にJALを利用するなら株主優待券を活用しましょう!

- JALの株主優待券を使う時の費用の計算

更新情報

JALの株主優待券を使う時の費用の計算

JALという航空会社は非常にサービスがよかったり、昔からある航空会社という事で信頼されています。

なので国内旅行するにも海外旅行をするにもJALでないと!と思っているようなJALファンも多いと言われています。
またブランドという感覚もあるのでLCCが普及している中でもJALを利用する人は多く安定した株主優待券買取はコチラとしても大変認められているのです。
そんなJALに乗りたいという人は出来るだけ安く乗れればいいなと思っていて、お得感を感じたいと思っているのです。
株主優待券を持つ事でJALを気軽に利用出来るという事になると言われているのですが、どうしてなのでしょうか?
まず国内旅行の普通運賃から優待券を利用する事で半額でフライトのチケットを購入する事が出来るのです。
これを単純計算した場合は金券ショップなどではJALの優待券を約5500円〜(から)で購入出来るといわれており、他の航空会社よりは2000円ほど安く買えるのでその時点でもお得を感じる事が出来ますね。
いつでも50パーセントの割引でフライトのチケットを購入する事が出来るので、ピーク時と言われる時期で利用すると大変効率がよいのです。
例えば羽田空港から宮崎空港までのフライトの価格をみてみましょう。
JALの普通運賃でしたら片道で3万3700円かかるのですが、これはいつも同じではないので、もちろん変動はあると考えてください。
そこからJALの株主優待券があればこちらは1万6850円でフライトを購入する事が出来るのです。

JALの株主優待券をある金券ショップで6000円で見つけられたとしましょう。
空港利用料を100円は必要になるのですが、費用は2万2950円という事になるので、普通運賃で購入した場合と差し引きした場合は1万750円も浮くという事になり、国内旅行プランが立てやすくなると思いませんか?
普通運賃でフライトのチケットを購入するという方法は今では少なくはなってきています。
それはインターネットからフライトの予約が出来るようになってからはネット割引であったり、何日か前から予約をすれば安くチケットが購入出来るという早割というものも普及しています。
ですのでその兼ね合いで、早くに予約をする事が出来るのであればJALのウェブサイトからチケットを購入する事は出来るのですが、もし直前で旅行を決めた場合などはこの株主優待券を利用すればお得に安くJALのフライトのチケットを購入出来るという事になります。

Copyright(C)2014安くお得にJALを利用するなら株主優待券を活用しましょう!All Rights Reserved.